配管用の補修テープで排水管の水漏れは直るのか

ホームセンターなどで、様々なタイプの配管用補修テープが販売されています。排水管 水漏れの補修をする際にも、大きな効果を得られるでしょう。排水管のタイプや水漏れの症状に合わせて、最適なものを選ぶことでその効果を発揮するでしょう。

■配管用補修テープの種類

トラブルが起きた際に、配管用補修テープの種類を把握することで、状況に合った処置をしやすくなります。
自己癒着型タイプは、テープの一種ですが接着剤や粘着剤は使用していません。引っ張ったうえでつけることで、自然と排水管につくことができます。特に、ぽたぽたやにじんだ水漏れには高い効果が見込まれます。防水補修タイプでは、テープ全体が防水仕様です。伸びが良いため、カーブしていたり細かい部分の排水管 水漏れにも、効果を発揮してくれます。水道用ラップタイプは、シリコンゴムを基に製造されています。べたつかないので、綺麗な状態で剥がすことが可能です。
使用する前のポイントとしては、水漏れが発生していると排水管が濡れている状態となっているため、事前に拭き取ってから配管用補修テープを使用するようにしましょう。

■排水管の水漏れは配管用補修テープのみで間に合うのか

排水管 水漏れの修理を専門業者に依頼をすることになれば、相応に時間と費用が掛かります。近年では、配管用補修テープの質が高くなっているため、それだけで水漏れの補修ができるケースもあります。
水漏れが起こっている箇所の水分を拭き取って排水管にテープを貼りつける手順についてですが、まず必要な長さにテープをカットします。そのうえで、少しづつ引っ張りながら巻きつけていき、巻き終わりは強く圧縮すると良いでしょう。それでも水漏れの症状が改善されない場合は、更に配管用補修テープまたは保護テープを貼ってください。
ただし、いくら性能の高いタイプのものを使用していても、水漏れを根本から解決をしているわけではありません。物理的に配管用補修テープで止めているだけで、時間が経てば効果は下がります。そのうえ、一か所でも排水管トラブルが起きていれば、複数個所何らかの不具合が生じている可能性もあります。被害を大きくしないために、専門業者に相談をしてください。

■まとめ
配管用補修テープは、高性能なものも販売されていて、排水管 水漏れも一定の間は止めることができます。しかし、水漏れをテープで止めている状態ですので、不具合は蓄積はされています。排水管に一か所でもトラブルがあれば、複数個所水漏れなどが起こっている可能性がありますので、補修だけで問題解決と捉えることはやめましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ