壁や天井の水漏れは排水管の不具合以外にも理由がある

壁や天井からも、水漏れが起きることがあります。排水管 水漏れも原因の一つですが、雨漏りなど外部からの影響が原因で、被害に繋がることもあります。放置することで湿気が発生してカビが繁殖したり、建物全体が水浸しになりかねません。排水管の修理など、症状に合った適切な処置が必要となります。

■雨漏りや2階の水回り機器が原因の場合

一般的に家屋をはじめ建物は、防水処理を施して建設を行っています。しかし、経年劣化や雨の被害が大きいことで、性能が低下してしまいます。それに伴って、雨水が入り雨漏りの原因となります。地震が発生した後も、外部からの衝撃で壁や屋根などのコーティングが剥がれることがあります。
2階にトイレなど水回りの機器があれば、1階の天井などに排水管が存在します。そこが経年劣化などの理由で、排水管 水漏れを起こす場合があると、トイレでは汚水が排水管から漏れて臭いが発生し、衛生面でも悪影響を与えます。
専門業者に依頼をする際も、状態によっては屋根の修理などリフォームに関する知識が求められますから、その点を踏まえた依頼をすると良いでしょう。

■水道管の破裂でも水漏れは起こる

水道管は経年劣化や凍結、地震などの被害を受けることで、破裂する場合があります。2階に排水管があれば、天井や壁が被害を受けることで、建物全体も被害を受けることになります。大量の水漏れが発生していると、家の中が水浸しになりかねません。応急処置ができる状態ならば、水の元栓を締めたうえで専門業者に相談をしてください。
一方、少量であっても安心してはいけません。排水管など見えない部分が、傷を受けている場合があります。気になることが起きた場合に、その症状を放置すると被害を大きくしてしまいます。
専門業者によっては、水回りの機器交換だけでなく、壁紙や床も一緒に施工をしてもらえる所があります。トイレのクッションフロアなど、長年使用をしていると凹みや傷が生じているケースがあります。機器交換と一緒にリフォームを行うことで、長期的に快適な生活を送れるでしょう。そのうえ、一緒に行うと施工費用も割安になる傾向があります。

■まとめ
天井や壁も経年劣化や地震などの被害を受けて、排水管 水漏れを起こす可能性があります。2階にトイレなどの水回りの機器があれば、排水管を設置しているでしょう。それが故障すると、汚水による衛生面での被害も考えられます。修理や機器交換だけでなく、場合によってはリフォームも必要となります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ