排水管から水漏れ?実は蛇口レバーの不具合かも

水回りに合わせたレバータイプの蛇口がありますが、接続部分や吐水口からの不具合でも水漏れは起こります。経年劣化や外部からの強い衝撃が主な原因で故障している場合もあります。水漏れを放置してしまうと、建物のトラブルにも繋がることがあり、何らかの対策や処置が必要となります。

■蛇口やレバー周辺からの水漏れの場合

吐水口からの水漏れが止まらない場合は、内部に使用されているパッキンの劣化が考えられます。パッキンの不具合であれば、交換などで対応することができます。特にキッチンでカートリッジタイプを使用している場合、その故障が疑われます。レバー下やハンドル付け根からの水漏れでは、接続部分の緩みが考えられます。モンキーレンチなどを用いて、強すぎない程度に接続部分を締めると改善されます。
キッチンのシンク下には排水管や給水管が取り付けられていますが、床が水浸しになっている場合はどちらから水が漏れているのか確認しましょう。排水管からの水漏れは水を使っている時だけ水が漏れますが、給水管が原因の場合は常に水が漏れ続けることとなります。蛇口で水のトラブルが起こり、それが給水管まで伝って何らかの症状として現れるケースでは止水栓を閉めるなどの対処が必要です。

■専門業者に相談するポイント

蛇口のレバー交換や修理をするにあたり、品番がわかればホームセンターに行って、部品を揃えることもできるでしょう。ケースによっては、メーカーから直接取り寄せることも可能です。
キッチンをはじめ、蛇口や水回り機器の耐用年数は、だいたい10年以内となっています。使用開始から年数がその程度経っていると、水漏れなど複数個所のトラブルが起きる可能性があります。水による影響が建物内部にまで被害がおよぶと、部品交換では間に合いません。水漏れが再発すると、費用と手間が掛かってしまいます。
自分で不具合を修理をしたから大丈夫と判断すると、被害を大きくしかねません。相談や見積もりを無料で行っている専門業者もいます。平日土日関係なく対応してもらえる所であれば、ライフスタイルに合わせて依頼がしやすく便利です。

■まとめ
キッチンなどの蛇口レバーは、経年劣化や部品の緩みなどで水漏れの原因になる設備です。年数が経っていると水漏れなどの症状が出てきます。給水管や排水管 水漏れの修理には、高度な技術が必要となります。管工事施工管理技士などの資格を持つ専門業者に依頼し、改善策を講じ、安心して暮らせる環境を手に入れましょう。いくつかの業者に見積もりを依頼して、内容を比較検討する方法がおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ